2021年4月30日

楽曲解説 『井戸水』 第2話 - 変貌

本来、親しみやすい和風トランスポップになる筈だった『井戸水』。
これを如何にしてホラー系のサウンドに変えていったのか、実際に行った工程をいくつか紹介する。

先ずはメロディの改変だ。Aメロとサビを無表情で棒読み的な作りにした。音階はヨナ抜きなどの馴染みのあるものから、古典的な律音階の方向にシフトし、音程変化も少なくした。
ホラー映画において、西洋では、「ワッ!!」と脅かして恐怖を掻き立てるものが多いが、ここでは日本式の、す~~っと、静かに密かに忍び寄る霊のようなものを表現するようにした。

次にコード(和音)だが、Cメロ(1:35-)を除くほぼ全域において、コードネームが付け難く、ポップスでは滅多に使われない進行となっている。主に半音階で移動し続け、威圧感や恐怖感、不可解な印象を与える効果がある。この技法は通常、メタル音楽のリフや、ホラー映画やビデオゲームの緊迫した場面など、特殊な効果を狙う場面でのみ使われるのだが、本曲ではそれが延々と鳴り響く。この時点でもう、ポップスともトランスとも認識しがたい曲調になってくる。

また、変拍子も随所に取り入れた。特に間奏部分(1:23-)では、ドラムは4/4拍子を淡々と刻むが、他の楽器は変拍子の譜割りで演奏している。こういったリズムの実体が掴みにくい複雑な構成により、聴く者を現実離れした感覚へと誘う。

そして効果音も数多く使われている。
和太鼓やお寺の鐘をイメージした音により和風ホラーの風情を演出しているが、加えて、曲中あまねく挿入されているのが「人間の声」だ。不気味な笑い声、呻き声、わらべ歌の女声、そして重々しい呪文の男声など。実は全て私が演じている。以前、実際のお化け屋敷でスタッフをやっていた経験があり、雰囲気作りに一役買っているのかもしれない。


さて、このようにして完成した本歌曲であるが、既発表曲とのギャップに「何だこれは」と困惑された方もいらっしゃるのではないだろうか?
だがこの曲もまた、本学園の理念の一端を担っているのだ。
人は非現実的で異様なものを体験し恐怖を感じることで、日常を忘れ、不安から解放されるという側面もあると思う。ホラー映画を観たり、お化け屋敷に行ったり、絶叫マシンに乗ったりした後の爽快感や達成感も同様であろう。
「頭の中を空っぽにし、音世界に没頭する」ことで、明日への活力へと生かしていただきたい。

ところで、先程のホラー化工程紹介では述べていない、最後の極めつけともいえる重要なものがある。
それは『雅楽』である。
我々日本人には馴染みのある音楽ではあるが、まだ詳しく知られてない部分や勘違いされている部分もある。
そこで次回は、この雅楽の正体、および本曲との関連について語りたいと思う。


次回更新予定日は、5月28日(金)