2021年3月26日

楽曲解説『井戸水』第1話 -解離

作曲開始 2003年
Key=G♭マイナー

『キュートで ポップ、ほんのり ダーク』
これは、あるリスナーさんによる本学園の世界観の描写である。
私自身が想い描いたイメージが的確に言語化されており、とても気に入っている。実際のところ学園催の歌曲は、ほぼ全てがこの一節に沿った仕上がりになっているのだ。

ところが、このイメージから著しくかけ離れた曲が一つ存在する。
それが今回解説する歌曲、『井戸水』である。


一聴すれば、この異質さがお分かりいただけるだろう。かなりイレギュラーだ。
だがメロディそのものには、実は結構キャッチーな部分もある。また、日本古来の音階で構成されているので、わらべ歌のような親しみやすさもある。
しかし曲調に関しては、ポップやキャッチーなどといった要素はかけらもない。異様そのものである。

なぜここまで、メロディと曲調が解離してしまったのだろうか?
実は作曲当初は、曲調もポップなイメージで作り始めていたのだ。歌曲『放課後』のようなトランスのビートを基調とし、その上に和風のメロディーを乗せていく予定だった。

一口に「トランス」と言っても、そこから更にジャンルは細分化される。中でも私が好きなのは、「プログレッシブトランス」である。特徴としては、トランス曲で多用される派手で毳毳しい音色はあまり使われず、基本的に無機質な音色とミニマルな効果音から成る。ダンスミュージックに特化せず、部屋でじっくり聴き込むという要素も持ち合わせている。
私の初期の構想としては、プログレッシブトランスのクールさを基調とし、和風情緒を取り入れつつポップなサウンドにまとめ上げるというものだった。
ところが完成してみれば、お聴きの通り。当初の計画とは全く違う仕上りになっているではないか!
一体何が起こったのだろうか。

その背景として、本曲をを制作していた頃の音楽シーンがあった。
コンピューターを使った音楽制作が一般に普及してきた時期で、インディーズアーティストが活躍できる場である音楽配信サイトの黎明期でもあった。
その中でも、日本最大の規模を誇ったmuzieという名のサイト(現BigUp!の前身)では、特にトランスミュージックが大盛況だったのだ。初心者でもとりあえずトランスを作って投稿すれば再生数が稼げ、ランクインするという事が頻繁に起こっていた。それらの曲中で奏でられるシンセサイザーを駆使した煌びやかな音色は私の心を掴み、この華やかなジャンルが盛り上がりをみせていることに相当ワクワクしたものである。自分も和風ポップなトランス曲を発表して、このブームに参加するぜ!と意気揚々としていた。

しかし、ランキングに並ぶ数々の作品をじっくり聴いているうちに見えてきたのは、これらはサウンドこそ派手ではあるものの、楽曲の構成としては凡庸であったり、作り込みが足りていなかったりするものが多くを占めているということだった。似たような曲がひしめき合っているこの状況に苛立ちすら覚えた。同時に私が抱いたのは、もしこのままの計画に沿って聴き易いポップなトランス曲を発表したところで、有象無象な曲たちの渦の一部になってしまうのではないか、という危惧であった。

ならばいっそ曲調を一変させて、おそるべき異次元的なサウンドを創り出し、このありきたりな流れに一石を投じてみるのはどうだろうか?というような考えをを巡らせ始めた。
そう、この時から、歌曲『井戸水』は異界に入ることとなったのである。

つづく

次回更新予定日は4月30日(金)

2021年2月25日

楽曲解説 『新学期』 第3話 - 贈与

あまり言いたくはないが、実は私はフォークギターがあまり好きではなかった。

それは、私がロックに魅了された最大の要因が、エレキギターのディストーションサウンドだったからだ。刺激的で未来感があり、これこそが俺が目指すべきサウンド!という気持ちで一杯だった。ロックを彩る絶対王者としての風格。だからあの頃は、ディストーションで奏でられる楽曲以外は音楽と認めない、とすら思っていたのだ。

もう一つには、個人的にはフォークギターの音色が、昭和の古びたフォークソングを連想させたということもあった。無論そういう世界観を否定してる訳ではない。むしろ日本が誇る文化の一つであると感じている。だがフォークギターによる弾き語りには、自分好みの威勢の良さや爽快さを見出すことは難しい。
当時は、そういった理由でフォークギターを敬遠していた。

だがそんな私も数年かけて、フォークギターの良さを徐々に知ってゆく。
最初のきっかけとなったのは、あるハードロックバンドによる全面アコースティックのバラード曲を聴いた時だ。そのバンドはエレキギターによる技巧的な演奏を売りにしていたので、このギャップには衝撃を覚えた。そして、そもそもがテクニカルギタリストの楽曲なので、フォークギターを使っていながら、その随所に従来のフォークソングとはひと味違うニュアンスが垣間見えたのだ。抜けが良く華やかな音色、そしてギターソロ。「ああ、こういうのも良いね♪」と素直に感じたのを覚えている。

その後自分自身でも演奏する機会があり、地味なイメージを持っていたフォークギターも、使い方や演出の仕方を少し変えるだけで随分印象が違ってくることに気付かされた。
フォークギターには、自然さや独特の深みがあり、他の伴奏に埋もれないのに、歌を邪魔しないという絶妙な性質がある。これはフォークギターにしか出せない音世界だ。エレキギターもクリーントーンにすれば、バラードでも使える静かなサウンドを奏でられるが、残念ながらこの点では及ばない。

他にも、フォークギターには優位性がある。それはエレキギターのように大掛かりなセッティングが要らないということだ。アンプもシールドも電源もエフェクターも、一切不要。
何処でも手軽に、ちゃんとした演奏が再現出来る。小規模なパーティーやストリート等、人前で軽く演奏したい時、また部屋での作曲時にもそれなりの演奏が直ぐ行えるのだ。これは大きなメリットである。
勿論、レコーディングの本番でも上質な音を奏でてくれる。
コンパクトなのに、機能的で効果大。エレクトリックを主体に演って来た私には、とても有能で優秀な楽器に思えた。

更に近年でも、特筆すべきことが起こっている。フォークギターを使っていながら、スラップ奏法やパーカッシヴな技法を駆使した超ハイテクな奏法でインスト曲を奏でるスーパーギタリストの登場だ。かつては歌の伴奏役としか捉えられていなかったのが主役の座に君臨する存在となり、フォークギターの既成概念が根底から覆されてしまった。そこにはもう、古くささなど微塵もない。最新鋭の楽器とすら言えよう。

このように、フォークギターに対する私の意識は驚くほどの変化をみた。とはいうものの、自ら購入するまでには至らなかった。やはり自分たちが演奏するジャンルはハードロックやテクノであって、アコースティックとは対極を成すといえるからだ。フォークギターへの理解は深まれども自分の管轄ではない、という認識だった。
だから学園催でも、アコースティックのギターを使うという意向は全く持たなかったのだ。

だがそんな中、とある方からフォークギターを頂戴するという幸運に恵まれた。
その方からは、それまでも学園催の歌曲を愛聴頂き、また色々と勉強になるコメントやアドバイスも頂いていた。
人生の先輩として仰ぐその方から楽器まで授かったことで、ついに思い切って『新学期』で採用してみようという気になった。「ここらで一度、フォークギターを使ってみなさい」という神からのメッセージではなかろうかと受け止めることにしたのだ。

長年の作曲人生を通じても、自分の作品でフォークギターを使ったのはこれが初めてだ。しかもこのようなテクノ感・ハードロック感全開の歌曲で採用するとは思ってもみなかったが、それも学園催らしさの一つかもしれない。曲のメインで奏でられる電子音やディストーションサウンドとの相反するギャップが、なかなか良い効果を生み出しているのではなかろうか。

なおこの贈られたフォークギターは、後の歌曲『井戸水』でも彩りを添えている。本学園において、最も異質といえる『井戸水』だが、次稿からはその誕生の物語を綴るとしよう。(完)


次回更新予定日は3月26日(金)

2021年1月29日

楽曲解説 『新学期』 第2話 - 構成

第1話で述べたように、新学期とは私にとって、複雑な思いを抱かせるものであり、また、そこからの気付きも得られるものだった。
成長・進化する為には、面倒な壁を乗り越える過程が必要だ。
時には不慣れな事に挑戦すれば、眠っていた能力が活性化し、自らを向上させてゆく。

歌曲『新学期』はこういった思いを込め、本学園の作品の中でも特に多様な要素から構成されている。今回は、活発に新陳代謝する細胞のようにめまぐるしく変化していく曲の構成について少々解説したい。


本曲では様々なジャンルを取り入れることにより、「環境の変化」を表現している。テクノ、ハードロック、アンビエント、そしてポップサウンドと、概ね四種類のサウンドが一曲の中で奏でられる。
テクノとロックを融合させるスタイルは、『修行僧』や『河原町』等でも採用している、いわば学園催の定型だが、今回はそこにアンビエントが加わり、コントラストをより際立たせている。

イントロ前半はテクノサウンドから始まり、突如ハードロック調に取って変わる。歌が始まるAメロではテクノサウンドに戻り、Bメロではまたハードロック。これは環境や心境が移り変わる様子を表現している。
ハードロックの箇所で鳴っているギターは、敢えてアンプ録りにした。フェンダーのかなり旧型のアンプを使い、「生感」というか、古風な、空気感のある音作りをしている。今回の題材である小学校生活に思いを馳せ、あの時代の純粋な気持ちに立ち返りたいという意図がある。

間奏では一転して、不思議な異空間に迷い込んだような世界が展開する。
一般に、賑やかな曲調の間奏といえば、華やかなギターソロ!が定番であるが、今回は敢えてアンビエントを採用した。スピード感を一気に落としたリズムの上に、静寂でホラーなひと時が展開する。この緩やかなリズムが象徴しているのは、校庭でぽつんと一人、ブランコに揺られている児童だ。チャイムが鳴り、「起立、礼…」の号令がかかる。もう授業が始まる時間だ。なのに児童はまだ、校庭のブランコで遊んでいる。変化する環境になかなか馴染めない疎外感や、気持ちの浮き沈みから来る心象風景でもある。

サビと間奏後のCメロは、一般的なポップサウンドだ。特にCメロは、アンビエントな間奏から再度、賑やかなバンドサウンドに戻る前の助走としての役割がある。
そしてこれらのパートでは、学園催としては異例のアコースティックギターも登場する。実は私は、本学園の歌曲に於いて、アコースティックギターの演奏は一切しないでおこうと考えていたのだ。 では、なぜ今回採用するに至ったのか?
次回はその経緯をお伝えする所存である。

(つづく)

次回更新予定日は 2021年2月26日(金)